2016年バス旅行 -その3- //横谷峡//

2016年バス旅行 -その3- //横谷峡//

  • //その3 念願の 古代蓮会館 展望台にやっと! // 2017年 (08/01)
  • 高崎の観音様に行って来ました。2017年(01/19)
  • 2016年バス旅行 -その4- //清龍山 長円寺//(12/29)
  • 2016年バス旅行 -その2- //横谷観音展望台//(12/22)
  • 2016年バス旅行 -その1- ”白駒の池”と”苔の森”(12/19)
  • 小泉稲荷大鳥居周辺コスモス畑 //青空と太陽//(10/26)
20161029読売旅行_横谷峡0101  ss=1/10 手持ち

読売旅行の長野方面 ”もみじ狩りオンパレードミステリーツアー”  その3 です。
横谷渓谷(横谷峡)は、奥蓼科温泉郷にあって、コースに沿っていくつかの滝があり、
松川渓谷と並ぶ信州随一の紅葉の名所とのことです。 

前記事の横谷観音展望台の眼下に見えた ”王滝”もここにあって
写真No03と04にあるように いろいろと見どころ満載です。 

で今回このバス旅行 バスに乗った時に
 ”温泉入浴希望”で申し込んだのですが・・・・ 
ここについての光景を見てしまったら
温泉なんかにゆっくりとつかっている場合じゃない! 
   ってことで
         キャンセル 

じゃ~「何処に行くんべ」 っていうことになるわけですが・・・
とりあえず 足元の下に渓流が見えたので 
ここで スローシャッターを手持ちで数枚撮り。
 写真No01  

さ~てと 頂いた地図を広げ検討
 
事前の計画も調べもないし 行き当たりばったりです  ^^;) 
一番は時間がない 1時間もなかったんじゃないかな 
比較的 近そうな は~~い 
      ”乙女滝”に決定。 


20161029読売旅行_横谷峡0202

20161029読売旅行_横谷峡0303

20161029読売旅行_横谷峡0404


目的は 渓谷沿いの遊歩道を歩いて ”乙女滝”へ
20161029読売旅行_横谷峡0505

途中に いやに赤い 真っ赤なモミジが
20161029読売旅行_横谷峡0606

この遊歩道を 
 ゆっくり 景色を見ながらは無理 
 速足で 走れ 走れ 
  
20161029読売旅行_横谷峡0707

20161029読売旅行_横谷峡0808

20161029読売旅行_横谷峡0909


はいはい これが”乙女滝” 
 こんなこともあるだろうと 
 一応三脚はリュックの中に
 バス旅行ですので 重い大きいい三脚は無理ですので

   軟弱三脚です。 ストロボ様に買ったやつなんです。

 なんだよ うわ~使いづらい! フニャフニャじゃん (><)
 フニャフニャでなかなか思った構図に固定できません。 
 動いた あれ 曲がった そうこうしているうちに・・・
 
 え え~  カメラの前に 人が立った! 
 うそ写真撮りだした
 うそぉ~ 嘘だろぉ~ 三脚据え付けたぞ
 先客の私のカメラの前に・・・ 

 あ~んもぉ~(><)

 場所移動 
 また フニャフニャ三脚で構図に一苦労  ==;)

 やっと 撮った ^^)
 
20161029読売旅行_横谷峡1010
ss=1/10

20161029読売旅行_横谷峡1111

20161029読売旅行_横谷峡1212
パノラマで 
20161029読売旅行_横谷峡1313

20161029読売旅行_横谷峡1414

20161029読売旅行_横谷峡1515

20161029読売旅行_横谷峡1616

入浴予定だったところで
20161029読売旅行_横谷峡1717

20161029読売旅行_横谷峡1818

FC2Blog Rankingランキングに参加しております。皆様よりクリックされますと順位が上がりますので、
誠に恐れ入リますがクリックのご協力をお願い致します。m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
  • //その3 念願の 古代蓮会館 展望台にやっと! // 2017年 (08/01)
  • 高崎の観音様に行って来ました。2017年(01/19)
  • 2016年バス旅行 -その4- //清龍山 長円寺//(12/29)
  • 2016年バス旅行 -その2- //横谷観音展望台//(12/22)
  • 2016年バス旅行 -その1- ”白駒の池”と”苔の森”(12/19)
  • 小泉稲荷大鳥居周辺コスモス畑 //青空と太陽//(10/26)
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
FC2Blog Rankingランキングに参加しております。皆様よりクリックされますと順位が上がりますので、 誠に恐れ入リますがクリックのご協力をお願い致します。m(_ _)m
 

~ Comment ~

NoTitle

乙女なのに派手に流れてネーミングが?の滝ですね(笑)
カメラの前に行かれてしまいましたか。
三脚はすぐ移動できないので大変ですね。
こちらで温泉か散策を1時間程度ですか。
どちらを選んでも急ぎのようですね(^^;

NoTitle

keiさん こんにちは

見所満載のバスツアーに「撮りたい症候群」のkeiさんは
さぞかし迷ったことでしょう(笑)。
tkさんも言ってるように名前とは裏腹にダイナミックな滝に
感動しましたよ。

時間を気にすることなくゆっくり散策したいところですね・・・。
あーあー  若くて元気なころに戻りたい。
ポチッ

tk さんへ

乙女の滝 
 ・・・なのですよ!
 乙女のごとく ”おしとやかさ”は感じられませんでした。
 でも なにか 伝説 言われなどが あってのネーミングなのでしょうね?
 
 あはは まさかと思いましたが
 私の前のその方との距離は3mくらいでしたでしょうか? 
 気が付かなかったのでしょうね。 
 場所を移動し おかげで右端に看板が入ってしまったりでした ^^;)

 とにかく 時間がないのです ^^)
 

林太郎 さんへ

若くて元気なころに
 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \  私もですよ。 

 でも その反面 引退して数日かけて撮影に行って来たいですよ^^) 
 
 なんで 乙女 なんでしょね?? 

 ”乙女”この響きには惹かれます ^^)/

 ”霧降の滝”と ”乙女の滝”どっち行く っていうと
  ”乙女”でしょう ^^)v

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索